簡単!エコで節約。happy食器洗い

 一般的に売られている洗剤には合成界面活性剤が使われています。

 合成界面活性剤は、生活のあらゆる場面に浸透しています。

 洗剤や化粧品、歯磨き粉、シャンプーに使われていて、毒性や残留性があり、身体への影響や環境汚染の原因にもなると言われています。

 そういったことが気になり、合成界面活性剤を避けた生活をしています。

 今回は、我が家の食器洗いの仕方をご紹介します。

油汚れがない編

 まず、食器を油汚れがないものと、油汚れがあるものに分けておきます。

 油汚れがないものから洗っていきます。

 洗う道具は「びわこふきん」です。

 こちらは水に濡らしてお皿をごしごしするだけです。

 洗い終わったら水ですすいで終了です。

 これだけで綺麗になります。

 洗剤を使わないので、洗剤をしっかり洗い流せているかの心配がありません。

 また、洗剤を洗い流す手間がない分、節水と時短になっていると思います。

 半年以上愛用していますが、まだまだ使えます。

 ビバ!びわこふきん!

びわこふきん
我が家のびわこふきん。1年以上使ってます。ボロボロ。たくさん働いてくれてありがとう。これからも宜しく(まだ使うよ)

油汚れがある編

  1. 茶葉(紅茶の出し殻など)
  2. 果物・野菜(りんごの芯、みかんの皮、キュウリのヘタ、野菜のゆで汁など)
  3. 米のとぎ汁
  4. ピリカレ(粉石鹸)

 

 油汚れには、結構いろいろ使えます。基本的に、油汚れを洗う前にウエスなどで汚れを拭い取っておくと良いです。

 

1.茶葉(紅茶の出し殻など)

  お茶パックのまま、油汚れにこすりつけます。これで結構汚れは落ちますが、デメリットはパックが破れてお茶の葉が出てきてしまうこと。

2.果物・野菜(りんごの芯、みかんの皮、キュウリのヘタ、野菜のゆで汁など)

 料理中に出る生ゴミを使って、油汚れにこすりつけます。みかんの皮は外側か果肉が残っていたらその部分を使います。りんごは芯や皮の果肉が残っている部分を使います。キュウリは切り落としたヘタの部分を。野菜のゆで汁はとっておいて、油汚れがあるものへかけ、たわしなどでこすり洗いすると汚れが落ちます。

3.米のとぎ汁

 野菜のゆで汁と同様に、お米のとぎ汁を油汚れがあるものへかけ、たわしなどでこすり洗いします。

4.ピリカレ(粉石鹸)

 洗い物がしたいときに1~3がないときは、ピリカレを使います。

 ピリカレとは、こちら。

 リサイクル植物油脂が原料の粉石鹸です。

 ピリカレとは、アイヌ語で「きれいにする」という意味です。

 合成界面活性剤や防腐剤は一切使用されておらず、ピリカレ使用後の排水は、川海、湖沼などもきれいにしてくれます。使うほど浄化するって魔法のようです。

 しかも、食器洗いだけでなく、あらゆる洗剤として使えます。

 洗濯や、お風呂、トイレ掃除、キッチン周り、なんでもござれです。

 すばらし~~~!

 国際環境展エコプロダクツinシンガポール2006でエコ大賞金賞を授賞されています。

 このピリカレ、親友が誕生日プレゼントに贈ってくれて、初めてその存在を知りました。

 あれから1年以上たちましたが、1kg入りのピリカレが、まだ半分以上残っています。

 どんだけ~~~!

 使い方は、スプレー容器に500mlの水とひとつまみのピリカレを入れて混ぜるだけです。

 

ピリカレと水で作った食器洗い用洗剤。コスパめちゃくちゃ良いです。
お世話になってます。

 前もってウエスで油汚れをぬぐってから、洗い物にシュッシュとかけるだけです。

 泡立ちはしませんが、油汚れはちゃんと落ちます。

 ピリカレ水がなくなってきたな~と思ったら、水とピリカレを適当に足したら補充完了です。

 ただ、すぐに水に溶けないので、洗う直前で補充すると詰まって出てきにくいことがあります。ですので、次使ったら終わりそうかな~と思ったらそのときに補充するのが良いと思います。

 それでも、めっちゃ簡単です。

 ドラッグストアに買いに行く手間もなし!

 何本もストックする場所の確保もなし!

 ゴミもこの袋だけ!(通常だと使い終わりまでに何本も洗剤使ってると思われます。その分プラゴミなし!)

 すすすすばらし~~!

 めちゃめちゃ優秀な方です、ピリカレ。

 

 時短にもなり、節約にもなり、環境にも良いなんてhappyづくしです。

 たぶん、ずっと使い続けると思います^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA