ダーニングって可愛い♡

 それは突然やってきた。

 長年使っている手袋に穴が開いていた!

 そんな時は、ダーニングで穴をふさいじゃおう♪

 ダーニングの存在は前から知っていたので、衣服に穴が開くたび自己流でやってましたが、いつも失敗ばかり。

 これはちゃんと本を読まないと!ということで今回はこの本を参考に挑戦しました。

 

 縦糸と横糸を交互にかけて糸で面を作る「バスケットダーニング」というやり方をしていみました。

 こちらの本では、工程ごとの写真が多く、初心者でもわかりやすくなっています。

 最初は写真の多さに「こんなに工程が多い!?」とひるみましたが、難しいことはしていないので、やってみると簡単でした♪

 縦糸と横糸の色を変えて、遊んでみました♪

 うまく縦糸がすくえなくて、ところどころ交互に糸が入っていないのですが^^

 何度もやっていけばうまくなる気がします!

 私としては、可愛くてお気に入りになりました♡

 ダーニングする時は、かならず「ダーニングマッシュルーム」と呼ばれる布を張るための台座が必要です。

 自己流でしていた時は、ダーニングマッシュルームが無かったのも失敗の要因だったと、ちゃんとやってみて気づきました。

 今回は手袋の指の部分だったので、家にあった棒を使いました。

用途不明で困りものだったのに、今回のダーニングで活躍!

 ダーニングマッシュルームがなくても、お玉やキッチンボウル、電球でも代用できます。修繕する部分に合わせて、いろいろ試してみたら良さそうです。

 ダーニングの種類は他にもあって、奥が深そうです。

 穴が開いたとて、残りの90%は無傷ならまだ着れる。

 ダーニングはデザインになるのが魅力です。

 馴染みの衣服に、新たなデザインが加わって、また新鮮な気持ちで使えます。

 ダーニングいいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA