『ミステリと言う勿かれ』夫に聞かせたい名言

 

 

今期ハマってるドラマ『ミステリと云う勿かれ』

ミステリと云う勿かれ』というドラマを見ています。

 原作は同名の漫画で、なんと累計発行部数1300万部なんだそうです!

 物語は、主人公が事件に巻き込まれ、そこで自分語りをする中で、解決に導かれるというお話です。この主人公の考え方にハッとさせられることが多いのです。

 漫画はコミックシーモアで3巻まで無料で読めます。(2/6まで)

 私はドラマより先に漫画を知ったのですが、読みだしたら面白くて一気に読み終わりました。

 さすが1300万部売れる漫画です。

 なんといっても主人公の語りに引き込まれます。

 そんな中で、感銘を受けたセリフがあります。

 

女性が子どもを産んだら変わるのは当たり前。問題なのは・・・

 第一子が産まれたばかりの刑事が、奥さんが産後に変わってしまったことを嘆くシーンがあります。

 そこで主人公がこう言います。

子供を産んだら女性が変わると言いましたね。

当たり前です。

ちょっと目を離したら死んでしまう生き物を育てるんです。

問題なのは、あなたが一緒に変わってないことです。

『ミステリと云うかれ』1巻

 それだーーー!

 新生児の頃なんて、排泄も授乳の間隔も短い上に、しょっちゅう泣いてる。

 そのたびに、なんで泣いてるのか調べる。

 泣き止まなくてエンドレス抱っこも当たり前だし、まとまって眠る時間も皆無。

 そうだった、そうだった。主人公のセリフであの頃の自分を思い出しました。

 新生児のお世話って、緊張の連続だったんだなぁ。

 そして、妻が責任と緊張感でピリピリしてるのは当たり前なんだ。

 変わった側からは気づかなかった。

 変わることがどこか未熟なことかと思っていたけれど、それは当たり前で、変わらない側に問題があるってことを。

 とはいえ、夫は良くやってくれたような気がします。昔のことでうろ覚えですが、とりあえず遺恨はありません。(笑)

 でも、大事な視点だと思いまして、このセリフが言われる直前に、テレビの音量を大きくしましたよ。

 一緒に見ていた夫に、ちゃんと聞こえるように。(笑)

 彼の心に刺さったかはわかりませんが、あの頃のピリピリ&あたふたしていた自分を「頑張りました」と堂々と褒められるようになりました。

 他のセリフにも考えさせられること多しです。

 主人公のセリフが、私の心を軽くしてくれます。

 楽しみなドラマがあるって、嬉しい♡

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA