新婚のときに買ったあれこれ。今はもう、ない。

 新婚のときに、無印良品のベッドを2つ買いました。

 シンプルな見た目が気に入ってました。

 新婚のときに、3人がけのソファを買いました。グレーの生地で、畳の部屋においても馴染みが良く、気に入っていました。

 新婚のときに、背丈以上の高さのある食器棚を両親に買ってもらいました。狭いキッチンで存在感を放ってましたが、新しい生活のワクワク感を盛り上げてくれました。

 今は、全てありません。

大型家具を手放した理由

 新婚のウキウキ気分で手に入れたベッド、ソファ、食器棚。

 なぜ全て手放したかというと、引っ越し費用がかさむからです。

 我が家は転勤族で、数年に一度、引っ越すことになります。

 そして、あることをきっかけに決めました。

 もう引っ越し業者には頼らない!

 夫と二人、自力で引っ越してやるー!

 となると、大型家具は自力引っ越しの大きな負担です。

 夫と二人で運べるかどうかも大事な基準です。

 ベッドもソファも食器棚も、時間と体力を使えば運べないことはないでしょう。

 でも、大変なのは目に見えてわかるし、引っ越しフットワークも重くなります。

 もう、身軽に生きたくなったんです。

引っ越し費用が31万円!半分は自腹!

 3年前の話です。

 当時住んでいた所から車で1時間半の山の僻地へ転勤が決まりました。

 転勤が決まるのは3月の中旬。

 そこから引っ越し業者を確保するのは困難の極みでした。

 どの引っ越し業者も、日にちが埋まっていて、なかなか引っ越し業者がつかまらず焦っていました。

 何社も問い合わせしをし、空いている日がないと断られ続け、ようやく1社のみ都合がつけられるという返事を頂きました。

 お見積りに来てもらい、提示された値段を見て唖然としました。

 31万円なり〜!!!

 そんなにするものなの?!

 ビビりました。31万円て!

 いや、彼らも今の時期が稼ぎ時なのです。

 うん、それはそうだろうが、だからといって高額すぎる!

 足元を見られてるのかも。

 でも、他社はどこも空いていないので、もはやこの一社に頼るしかありません。

 泣く泣く契約しました。

 会社からも引っ越し費用の補助は出ます。

 出ますけどもね、我が家の引っ越し補助金額は、16万円でした。 

 半額赤字やないかーい!!

 つまり、半額は自腹です。自らの腹です。

 16万円自腹って!

 一ヶ月の給料ですよ。12ヶ月の内、1ヶ月を引っ越し費用のために働いたっちゅうことじゃないか〜!

 これが、私の「引っ越しは業者に頼まない!自力引っ越しじゃ!」という強い気持ちになったきっかけであります。

大型家具の手放し方

 食器棚とソファは、リサイクルショップの方に家まで来てもらい、買い取ってもらいました。合わせて数千円でした。

 ちょっとやっかいだったのがベッドです。

 ベッドって、リサイクルショップで引き取ってくれる気がしないので、処分することにしたのですが、ちょっとした問題が。

 私の住む地域では、マットレスは粗大ゴミとして出せないのです。

 出せないゴミがあることを初めて知りました。

 マットレスを処分するには、一般廃棄物収集許可業者に有料で頼まくてはいけない、ということです。

 ここで思いつきました。ジモティー!

 ジモティーとは、サイトに不用品を載せて、必要な方が無償または買取で引き取りに来てくれます。

 ジモティーのおかげで、ベッド単体(買取)とマットレス(無償)を手放すことができました!

 ジモティーありがたや〜。

 そしてベッド処分の大変さを知って、もうベッドを買うことはないだろうと思いました。

生活スタイルは変化していく

 新婚のときにウキウキしながら、気に入ったベッドやソファを使っていたのも良い思い出です。

 今は、あの頃の価値観とは変わりましたが、それが生活っちゅうもんですよね。

 家具があった頃も楽しかったし、手放した今も楽しいです。

 今の私は、もっと身軽に生きたい。

 まだ手放しの旅は続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA