図書館へマンガを寄贈してきました

 お気に入りだけど、あと2年は読まないかなぁ〜というマンガがありまして。

 子供の頃は、同じマンガを何回も何回も読みまくってました。

 今思えば情熱的に読んでたなぁ。

 大人になった今は、話の内容を忘れるまで間を開けないと、読み直しません。

 とはいえ、お気に入りの漫画なので処分するのに二の足を踏む状態。

 こんな風に手放したいけど、また読みたくなるかもという場合、「図書館へ寄贈する」のも一つの手です。

 図書館にあれば、読みたいときに借りたらいいだけです。

 つまり図書館が自分の本棚と思えば良いのです。

 私は転勤族なので、寄贈は実家のある図書館にしました。

 実家なら帰省した際に図書館に寄れますし。

 ただし図書館へ寄贈するにあたって注意点があります。

  • 寄贈できる本は出版から5年以内のもの、など制約があります。必ず図書館へ確認すること。
  • 寄贈した本が図書館へ置いてもらえるかは図書館が判断する。リサイクルに出される場合もある。

 私の場合、出版から10年は経っていたのですが、マンガ本は例外扱いで年数は関係ありませんでした。

 しかし、図書館からリサイクル市に出して、希望者に譲ることになる可能性もあると言われました。

 寄贈にならなくても、自分が気に入ったマンガを誰かが気に入ってくれたら嬉しいので、お譲り本になっても良いと思い、図書館に託しました。

 寄贈されたらラッキーくらいで。

 図書館へマンガを託せて気持ちがスッキリしました。

 実家に置いてきたマンガもよく吟味して寄贈しようと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA